11月の展示フロア

×のところはご利用いただけません。ご確認をお願いいたします。

1日 × × ×
2日 × × ×
3日 × × ×
4日 × ×
5日
6日
7日
8日 × × ×
9日 × × ×
10日 × × ×
11日
12日
13日
14日
15日
16日 ×
17日 × ×
18日
19日
20日
21日
22日 ×
23日 × × ×
24日 × × ×
25日
26日
27日
28日
29日
30日
※水彩画サークル「空」展示 11月1日~4日
※はばたきフェスタ準備 11月8日
※はばたきフェスタ 11月9日・10日
※市こ連文化祭 11月17日
※大阪狭山市ステンドグラスクラブ展示 11月23日・24日(22日準備)
カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

駐車場の草刈をしました。

10月31日(木) 

本日は、休館日。
ありがたいことに、いい天気

『はばたきフェスタ』前に、キレイにしようということで、駐車場の草刈を社協さん、図書館さんと一緒に行いました。

この作業をしていると、はばたきフェスタが間近に迫ってきているのを、より一層感じます。

『はばたきフェスタ』当日も、今日のように晴れて、たくさんの方々が来館してくださいますように

カテゴリー: トピックス | コメントする

新春こどもまつり2020に向けた会議がスタートしました♪

2019年10月27日(日)10:00~

2020年1月12日(日)開催予定の『新春こどもまつり2020』に向けた会議をスタートしました。
今年度は、29の団体の方々と一緒に、おまつりを創っていきます!

ありがたいことにこの十年で新春こどもまつりに関わっている団体のみなさんと公民館職員は良いつながりを頂くことができました。
出来れば、それだけでなく、関わってくださっている団体さん同士が、もっと顔が見える関係を築き、普段に、何かあった時に、つながれたら良いなぁと思っています。

そんな気持ちから、今年度は、新春こどもまつりの全体のお話の前の自己紹介の時間を長めにとらせてもらいました。

聴く時間が多く、お互いに話してもらう時間をあまりとることができなかったので、残念でしたが、今後も少しずつ対話ができるような時間を含めていくことができればと思います。

自己紹介では、当日の楽しみは『子どもたちの笑顔』と教えてくださる方がたくさんいらっしゃいました。
いつも笑顔でないといけない訳ではないですが、子どもたちから自然に笑みがこぼれるようなそんな時間、空間をみなさんといっしょにつくることができればと思います。

次回の会議は、12月1日の10:00からです。
子どもたちにとって楽しい1日になるよう、みんなで知恵を出し合いたいと思います。
参加団体の皆さん、ご協力よろしくお願いします。

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

どんとこい!介護⓷ 体験を通して実感しよう!「介護って何?」実施しました。

10月25日(金) 19:00~21:00

早いもので、『どんとこい!介護』も折り返しの3回目になりました。
今回のテーマは、『体験を通して実感しよう!「介護って何?」』です。
講師は、NPO法人つむぎ中川裕晴さん。三人のお仲間さんと一緒に来てくださいました。

一番最初に行ったのは、「介護」や「85歳」をイメージすることです。

自分自身が「85歳」になった時のことも考えました。そして、今の私から「85歳になった私」へお手紙を書きました。

講師の中川さんは、そんなに簡単には死ねません。生きなくてはいけない中、楽しいことを考えましょうと言ってくれました。

そして、今回の最後のプログラムでは、手紙を参考に「85歳」になった時をイメージした自分になれるよう、今できることを考えました。

グループワークで、お互いが考えたことを話されている様子を見ていると、介護やこれからのことなど、しんどいことも、楽しいことも、思っていることを口に出したり、人と話すことは、とても大切なことだなぁと改めて思いました。

 

これらの他に、介助される側体験。
一つは、食事の介助。食べ物を口へ運ぶ向きが異なるだけで、嚥下のしやすさや安心感が全く異なることを知りました。また、とろみ剤を入れたお茶も体験しました。
もう一つは、車いすを押す、押される体験。実際には押すというよりは、手を持ち手に添えて、車いすと一緒に歩くといった状態をつくる方が車いすの重さも乗っている方の安心感も良いことを知りました。

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

くらまな大学⑨ 詩吟を体験してみよう♪ 実施しました。

10月24日(木)10:00~12:00

くらまな大学の第9回め。今回は、暮らしを楽しむための趣味の提案。詩吟の体験でした。

講師は、公民館で活動されているサークル『葉月吟政会』の講師でもある中井新子さん
サークルのメンバーのみなさんも来て、協力してくださいました。

詩吟の歴史などのお話を聞いた後は、発声練習をし、『富士山』という題材をみんなで練習しました。

漢詩の横にふられた記号を参考にしながら、先生について、声を出していきます。

漢詩の意味も教えて頂きましたが、その世界観まで思い浮かべながら、詠えるまでは全然いきませんが、姿勢を正して、大きな声を出すこと。気持ちよく感じてもらえたのではないかと思います。

人前で大きな声を出すこと、恥ずかしかったり、間違ったらどうしようと思ったりすることもあるかもしれませんが、みんなで一緒に声を出すことで、少し気を楽に楽しんでもらえたようでした。

中井先生、葉月吟政会さんの吟詠は、声にハリがあり、とても素敵でした。
最後に中井先生の『頼山陽〔川中島〕』の詠いに併せてメンバーさんが剣舞を披露してくださいました。空気がピンと張るように感じられました。

今日は、ほんの体験、実際に趣味として始めるととても奥深いものだとは思いますが、興味を持ち、始められる方や詩吟に興味を持たれた方がいらっしゃたら、嬉しく思います。

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

親まなび講座                         「ママと赤ちゃんの楽しい時間♪」Part.3を開催しました。

10月17日(木)午前10時~11時30分 Part.3はスマホで我が子をステキに撮る方法を教えちゃいます♪ です。

スマホカメラ講師の、えのめまきこ さんにお越しいただきました。

写真を撮る時、カメラとスマホどちらを良く使いますか?の質問に皆さんやはり、スマホと答えていらっしゃいました。とにかく便利で手軽ですよね♪

スマホカメラの機能を使いこなすには、なかなか奥が深い様で、今日はちょっとしたポイントを教えていただいてお子さんとの想いでに、ステキな写真を撮れるようになれればと思い企画しました。

まずは、一人一人スマホ画面にグリット線を出すところからスタートです。

背景のぼかし方やピントの合わせ方、光の調節の仕方、被写体へのベストなレンズの向け方、画面の中の空間の必要性等ちょっとしたポイントを教えて頂いてとってもステキな写真を撮ることが出来ました♪

教えて頂いた事を参考に、たくさん写真を撮ってどんどんステキな写真が増えるといいですね!先生が教えてくださったお子さんの歩き始めた頃の後ろ姿の写真も忘れずに一度チャレンジしてみてくださいね♪

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

見れば見るほど楽しい♪『古地図の世界』座学編 実施しました

10月18日(金) 10:00~12:00

見れば見るほど楽しい♪『古地図の世界』の第1回め。座学編~古地図入門~を実施しました。

講師は、大阪狭山市在住の作家、本渡章さん。

『大阪古地図むかし案内』、『大阪古地図パラダイス』『鳥瞰図』を始め、たくさんの本を書かれていて、図書館にもたくさん著書が並んでいる作家さんです

市内に住む作家さんを紹介できればと思い、市立図書館との共催事業として企画しましたが、本渡章さんの著書を読んだり、ご本人からお話を伺うと、古地図から時代背景や人の暮らしが見えてきて、とても楽しいものだと知り、ぜひぜひ多くの方に知って頂きたいと思い、座学とまち歩きの2回で実施することにさせて頂きました。

1回目の今回は座学。たくさんの古地図をスクリーンで見せてもらいながら、時代の変遷と大阪とこのあたりの地域のことを教えて頂きました。

私は、今までの経験からは、地図と言えば道路地図を思い浮かべてしまいますが、その役割によって寺院やお墓が主役になったり、河川が主役になったり、地形が主役になったりと変わること、また昔は絵地図と言われるものがあり、とても見ても楽しいものがあったことなどを知ることができました。

地図を時代に沿って見て行くと、今の大阪狭山市駅が、『狭山遊園前』という駅だったことは知っている人は多いと思いますが、その昔は『かわちはんだ』と言う名前だった聴いてびっくりしました。

狭山池の絵地図は、拡大して見せて頂くと、堤を歩くお侍さんや商人まで描かれていて、とても楽しくなりました。

本渡さんのお話を聴きならが、いろんな古地図をじっくり見てみたい気持ちになりました

次回(第2回目)は11月1日(金)、まち歩き編です。
歩きながら色々なお話を聴かせて頂くこと、楽しみです

どうか、良い天気になりますように

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

どんとこい!介護②『認知症を学び、上手に支えよう(認知症サポーター養成講座)』実施しました

10月11日(金)19:00~20:30
どんとこい!介護~困らぬ先の杖♪学んで・知って・考えて!人生の後半をゴールデンタイムにしよう☆~の第2回めを実施しました。大阪狭山市キャラバン・メイト連絡会のみなさんに教えて頂きました。

テーマに出てくる認知症ですが、昔は痴ほうと言われていました。現在65歳以上の高齢者は大阪狭山市で16024人(令和元年9月末現在)その内、軽度認知障害の方を含めると認知症高齢者が推計4480人いらっしゃいます。高齢者の4人に1人が認知症ということになります。

結婚している夫婦にとっては、両親が65歳以上であれば、どちらかの親1人は認知症ということです。そう考えると、ぐっと身近に感じられて他人事ではないと思いました。

認知症といっても症状は様々で初期のうちは見守る社会や家族のちょっとしたサポートや言葉がけで今までと同じ暮らしができるということを分かりやすく寸劇でみせていただきました。

受講生の方の中には、認知症の家族のお世話の真っ最中の方やお世話の経験のある方、無い方みなさん複雑な思いで講座を受けていらっしゃいました。

認知症サポーター養成講座を受けて一人でも多くの方に認知症のことを正しく理解していただければ、良いなぁと願うばかりです。

『劇団てんこもり・はぁと』の皆さんありがとうございました。

次回3回目10月25日(金)のテーマは 体験を通して実感しよう『介護って何?』です。

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

くらまな大学2019 ⑧「人との関わり」を楽しむ~感情の取り扱い方を知ろう~ 実施しました

10月10日(木) 10:00~12:00

くらまな大学も折り返しです。
8回目の今回のテーマは『人との関わり』。
講師は、昨年度もお世話になったNPO法人えんぱわめんと堺/ESの北野真由美さんにお願いしました。

参加者のみなさんは、一瞬『えっ』っと驚いていましたが、今までの時間で、つながりも少しずつできて、みなさんならこの隊形でも大丈夫と信じて、イスだけの円形隊形でスタート。

『えっ』となった気持ちも大切にとお話して頂いて、どんな気持ちも大切と、一つ一つのことを丁寧に拾いながら、今の子どもたちにおこっている現状なども含めてお話してくださいました。
また、自分の経験から起こる物事の受け取り方のクセや境界線を考えたりするワーク、傾聴の体験などを行いました。

人との関わりは、難しいなぁと思うこともありますが、あった方が、人生は、より豊かになるのではないかと思っています。

自分自身の中で起こる色々な気持ちも大切にしながら、相手との関わりも大切にできるよう、同じ体験をしても感じることは人それぞれ異なること、自分のあたりまえとあなたのあたりまえが異なることもあることなど、何か出来事があった時、思い出してもらえたらなぁと思います。

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

スイーツ♡研究会2019 10月 菓子工房yamaoのパテシエさんから教わる機会、実施しました

10月2日(水) 18:30~20:30

いよいよスイーツ♡研究会2019の作る機会のスタートです

第1回目は、教わる機会。今年は菓子工房yamaoのパテシエ、片岡恵美さんに、カップケーキづくりを教えて頂きました。

初めてお菓子づくりにチャレンジするメンバーもいますが、丁寧に教えて頂いて、ふっくらしたカップケーキをどのグループも作ることができていました。

カップケーキができた後は、飾りつけにと、アイシングの作り方も併せて教えてくださいました。
みんな、興味津々、色づくりも体験して、それぞれにカップケーキに模様をつけたり、絵を描いたり、集中してチャレンジしていました

 

次回は、スフレチーズケーキに挑戦の予定です。
今からでも大丈夫、一緒に作りに来る人いませんか~

 

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする