成人大学講座「現代韓国文化社会を知ろう」 第4回

4回目のテーマは、「ソウルの歴史と観光スポット」です。
政治的な重い話題が続きましたが、ここらで気分転換。
といいますか、こういった文化的側面でも相手を知るというのはとても重要なことです。

ソウルは超高層ビルが立ち並ぶ現代的な都市であると同時に、
600年の伝統をもつ歴史都市でもあります。
ソウルと呼称されるようになったのは、1946年以降です。
ソウルは固有語で「みやこ/首都」という意味があります。

都市形成は漢陽と呼ばれていた、朝鮮王朝時代(1394~1910)です。
風水地理説に基づいて作られた都市で、大まかに王宮、宗廟、社稷壇、城壁、城門と それらをつなぐ大路が作られました。
昌徳宮・宗廟・朝鮮王陵がソウルの世界遺産となっています。

次に観光スポットの紹介をしましょう。以下にソウルの主な名所を記します。
良ければ韓国旅行の参考にしてみてください。

・鍾路(チョンノ)エリア:今も昔も政治・経済の中心、1974年に初めて地下鉄が通る。
・世宗路(セジョンノ):ソウルのメインストリート。北側に景福宮があり、南に迎えばソウル市庁とソウル広場がある。
・普信閣:朝鮮時代に鐘を鳴らし時間を知らせた建物。今は大みそかの除夜の鐘として使用。
・塔骨(パゴタ)公園:植民地時代最大の民族独立運動がおこった場所。普段は老人の憩いの場所。
・仁寺洞(インサドン):骨董品、伝統工芸品などの商店街。
・昌徳宮と秘苑:ユネスコ世界遺産に登録されている宮殿と庭。
・宗廟:朝鮮王朝の歴代王と王妃、そして死後に王と王妃を祀った祠堂。王室の墓ではなく、王族の位牌が祀られている。朝鮮王朝時代には国家最高の行事である「宗廟大祭」が行われ、現在も続く。

また古田先生に、リーズナブルなホテルや、買い物や移動に利便性のあるホテルなどを紹介して頂きました。

最終回は6月5日です、お楽しみに。
カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

アンドロイドアプリ作成入門

昨年と同じ様に、5月10日から始まった、アンドロイドアプリを作成する講座です。初日はCordovaの開発環境の構築ですが、プログラミングに興味のない方は、コマンドライン操作が難しい様です。慣れてしまうと、何処が?と思ってしまいますが…

2日目はサクラエディタを用いてソースの編集です。最近のウインドウズに付いているCodeWriterって皆さんは使い易いのだろうか?この公民館の講座では、サクラエディタを利用しています。私は普段、kateを使っています。

3日目に、HTML5、CSS3、JavaScriptを使ったアプリのビルドをし、簡単な電卓をタブレットにインストールします。
ここから先は少し愚痴です…。Javaのライセンスの形態が変わって、ユーザー登録をしなければ、JDKが使えなくなっています。SUN MicroSystemsの時は緩やかだったのに… 私は、OpenOfficeやMySQLも派生した物を使っていますが、Javaは難しそうですね。JREとAndroidStudioに自動で追加されるgradleで何とかなるかな?

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

大人のEXPO2019

大人のEXPO2019の紹介記事です。

大人のEXPOは

・学びのワークショップを通して公民館に興味を持つきっかけづくりの提供
・講師、受講者との交流

を主目的として開催、以下の4講座を実施しました。

5月24日:ハワイアンフラ

5月26日:タブレット入門講座

6月6日:My花押を彫ってみよう♪

6月16日:教科書から消える有名人

教科書の講座は、講義に夢中になって写真撮影を忘れてしまいました。

大変申し訳ございません。

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

成人大学講座「現代韓国文化社会を知ろう」 第3回

はい皆さんコンバンワ。
成人大学3回目のテーマは「昨今の日韓交流・日韓問題について」です。
ここ最近の韓国の傍若無人ぶりには我が国の警察機関も手を焼いているそうです。
なんと古田先生のもとへ警察の方々が、話しを伺いに来られるそうです。
「最近の韓国、なんなの?」

 

 

 

 

 

韓国が日本に対して声高に叫んでる主な事柄は、
・戦後補償問題
・従軍慰安婦問題
・徴用工問題
・韓国海軍レーダー照射問題
でしょうか。

古田先生によると、まず両国で色々なことの認識がズレている、とのこと。
このズレはどこからくるのかというと、
・両国のマスコミやメディアが報道しない
・両国の政府広報が不十分
なんだそうです。

古田先生は是非考えて欲しいこととして、以下の3点を挙げられました。
・「政府」と国民を一般化しない、「文化と政治」は分ける。
・「歴史とは過去が今を決めるのではなく、未来というものを置くことによって過去が意味づけされ、今が来まる」(ハイデガー)
・愛国はやり過ぎると自国をおとしめる。:他者批判が愛国ではない

4回目は5月29日です、お楽しみに!

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

成人大学講座「現代韓国文化社会を知ろう」 第2回

政治やマスコミ、インターネットでは対日デモや嫌韓など、読み手を煽る単語にあふれています。しかし実際のところ、20代~50代ぐらいの韓国人の日本観はどうなのでしょうか。
2回目のテーマは「韓国人の日本(人)観:「反日」なのか「親日」なのか?」です。

実際、韓国の一般大衆は親日的な傾向にあるようです。 以下はNHKとKBS(韓国のTV局、日本でいうNHKみたいなもの)の共同世論調査です。

日本を「どちらかというと好き」・「好き」と答えた年齢層
では次に朝日新聞・東亜日報の共同調査結果です。
ここにものすごい隔たりがあるのを感じられます。
何故このような隔たりができてしまったのか、詳細を伺いました。

結論を言いますと。
総じて韓国人は「反日意識」と「親日意識」が共存している。
これは日本人の嫌韓意識とは全く異なるもので、同じ目線で考えてはダメだそうです。

次回は5月22日です。お楽しみに!

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

おとなの寺子屋in公民館~面白いほど会議が進む見える化のテクニックを学ぼう~ その①ホワイトボードミーティング®の手法を学ぶ 実施しました。

5月11日(土) 午後1時~4時
おとなの寺子屋in公民館~面白いほど会議が進む見える化のテクニックを学ぼう~のその① 『ホワイトボードミーティング®の手法を学ぶ』を実施しました。

ホワイトボードミーティング®認定講師泉森奈央さんが講師として来てくださいました。

最初に、ただ書くだけでない、ホワイトボードミーティング®の基本的な考え方、教えて頂きました。

そのあとは、自身の関わっている会議を25項目チェックしてかえりみたり、オープンクエスチョンを使って、相手のお話を聴くことの体験をしました。
中々、オープンクエスチョンを使うことには苦戦されているようでしたが、みなさん、相手の方のお話を聴くことに集中されていたように思います。

実体験のワークは、グループに分かれて、「定例進捗会議」、「企画会議」「役割分担会議」という三つのフレームを教わりました。

よくある会議との違いを考えると、ただ単に書くのではなく、オープンクエスチョンを活用しながら、深い階層まで書き出すことがキーポイントかなと思いました。

参加されたみなさんのそれぞれの現場で、今回教わった方法を使ってみてもらえったら、うれしいです。

やってみなくちゃわからないことがある!ぜひリアルな現場でチャレンジしてみてくださいね☆

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

成人大学講座「現代韓国文化社会を知ろう」 第1回

新元号、令和になってから初めての成人大学講座です。
今回のメインテーマはズバリ、韓国。
お隣の国、韓国の文化社会を詳しく学びます。
全5回の講師に、帝塚山学院大学教授・古田富建先生をお迎えしました。

 

 

 

 

 

 

 

1回目は「韓国の食文化について」です。
まずはテーブルマナーの講義ですが、日本とほぼ真逆です。
韓国のマナーでは、片膝を立てる姿勢や犬食いが許されています。
(ほとんどの日本人は眉をひそめるのではないでしょうか)
また食事に招かれた客人は、たくさん食べてたくさん残すのが礼儀だそうです。

続いて韓国の一般的な料理や、キムチ、飲み物などのお話しを伺いました。
ちなみに料理の名称で、「トッポッキ」が正解だそうです。
トッポギは虫眼鏡の指す単語だとか。

第2回は5月15日です。お楽しみに。

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

5月の展示フロア


×のところと休館日はご利用いただけません。ご確認をお願いいたします

日にち 曜日 午前 午後 夜間
1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日 ×
10日 × ×
11日
12日
13日
14日
15日 × × ×
16日 × × ×
17日 × × ×
18日 × × ×
19日 × ×
20日
21日
22日 × × ×
23日 × × ×
24日 × × ×
25日 × × ×
26日 × × ×
27日 × × ×
28日 × × ×
29日 × × ×
30日 × ×
31日
※ふれあいサロン 10日午前11時より
※水彩画たまむし・赤とんぼ展示会 15日~19日
※遊彩展示会 22日~24日
※水彩画・なかま展示会 25日~27日
※フォレスト10水彩画展示会 28日~30日
カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

継続募集中です☆

『ティーンズ勉強会~おとなになる前のあなたへ♪~』

一旦の締め切りを4月15日(月)としていましたが、定員には達していないので、引き続き受講者を募集しています。

中高生年代を対象にしたこの事業。
受験には出題されないかもしれないけれど、生きていく中で、大事なテーマ、もしもの時にいかせるテーマを選んだ学びの時間です。

全部を受ける場合は、1回めの開催までに全回分を申し込んで頂けたら、超お得♪
それ以外は、各回300円/人です。

全部の回の受講が厳しい方も、各回のぎりぎりまで、継続募集する予定なので、時間ができたら、ぜひご参加ください。よろしくお願いします。


保護者の皆さま
中高生年代ともなると、受講の意思は自身で決める頃かもしれませんが、担当自身、若い頃に学んでおけば良かったと思うテーマや、自分の子どもたちに親として上手く伝えるのが難しいと感じたテーマなどを、中高生と向き合いながら、機会をつくることの経験豊かな方々にお願いした時間です。良かったら、子どもたちへのお声がけ、よろしくお願いします。

カテゴリー: お知らせ, 講座の予定 | コメントする

2019年春夏公民館講座公開抽選会

本日朝10時より春夏公民館講座公開抽選会を公民館事務所にて行いました。

定員を超えて抽選を行ったのは下記3講座です。

・初心者パソコン講座 エクセル基礎

・簿記講座

・手作りパンでHappyに!

沢山のご応募ありがとうございました。結果はお葉書かメールにてご連絡させていただきます。

また、公民館春夏講座では引き続き募集をしている講座があります。詳しくは下記リンクよりご確認ください。

http://www.osakasayama-kouminkan.jp/kouza.html

継続募集中の講座は先着順にてお電話でも受け付けしています。みなさんのご応募お待ちしております♪

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする