夏休み学習会2018 魔法の積み木(カプラ)で遊ぼう!PM

7月29日(日)9時30分~12時の魔法の積み木(カプラ)で遊ぼう!AMは残念ながら  台風による警報が発令中の為中止とさせていただきました。

 

午後1時30分~4時の魔法の積み木(カプラ)で遊ぼう!PM(共催:大阪狭山市子ども会育成連絡協議会)は台風も過ぎ去り無事に開催する事ができました♪今回も小学1年生~6年生のお友達が集まってくれました。

講師は環境学習倶楽部の井上健太郎さんです。

 

カプラを始める前自己紹介を兼ねてUbuntu(ウブントゥ)で遊びました!

まず、対戦相手を見つけてお互い名前を言って握手!Ubuntuカードを1枚出して同じ絵を探して先に指を指した方がそのカードをもらえます。最後に沢山カードを持っている人が勝ちです。手元にカードが無くなったらけんちゃん先生にもらいに行きます。さぁ誰が勝つかなぁ…みんなの名前はわかりましたか?ぐぅーんとお友達との距離が近くなりましたね♪

 

いよいよワンサイズの魔法の積み木(カプラ)で遊びます!けんちゃん先生に基本の積み方を教えてもらったらスタート♪みるみるうちにタワーやちょうちんができあがりました。

   

 

今回はグループで協力して家を作ってみました!スゴイでしょ最後に入口を作るのがとっても難しそうでした!また挑戦してみてくださいね♪

 

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

初心者陶芸体験講座-第3回

初心者陶芸体験講座の3回目です。

今日は先日作陶した作品の窯出しから釉薬がけの作業です。

前回作陶した作品は乾燥させた後、土窯会さんの手で素焼きの窯入れを行い
本日ようやっと窯出しとなります。

それぞれが取り出した作品は素焼きの状態では脆いので釉薬がけを行います。
車谷先生の指導の下、釉薬がけの方法を教わった後は実践です。
各々が仕上がりをイメージして作品に釉薬をかけていきます。

作業を終えた作品は乾燥させて後、本焼き作業のために再び窯入れされます。
次回、窯出しでいよいよ作品の完成です。
参加者入魂の作品の仕上がりは・・・!乞うご期待!

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

夏休み学習会2018 『ecoレンジャーになろう!』

7月28日(土)14時~16時多目的室にて「ecoレンジャーになろう!」(共催:大阪狭山市子ども会育成連絡協議会)を開催しました。

講師は環境学習支援倶楽部の井上健太郎さんです。

夏休みになってからも毎日30度を超える暑い日が続いています。そのうえ今日は台風も大接近中!!そんな中、小学1年生から6年生までの子どもたちが大勢集まってくれました。

けんちゃん先生と一緒に最近の暑い原因をみんなで考えてみました。「太陽が大きくなっている!?」「太陽が近づいている!?」「大雨のせい?」「電気を使いっぱなしにしているから?」などなどたくさん考えました。

暑くて嬉しいこと。困ること。改めて考えてみると色んな気づきがありました♪みんなecoレンジャーになれそうですか?

水のあそび「うく?しずむ?」にも挑戦しました♪けんちゃん先生が持ってきた重たいもの・軽いもの・大きいもの・小さいもの・穴の開いた野菜や果物など一つづつ予想しながら確認しました!浮いたり沈んだり本当に不思議ですね・・・・・!!

 

最後は空気(風)で動くおもちゃを作って遊びました♪どうしたら空気を沢山取り込めましたか?

お家でも身近なecoについていろいろ考えてみてくださいね!

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

おやこ寄席in公民館~子どもも楽しめる☆落語会~ ひらきます♪

9月8日(土)午後2時から、1時間程度の予定ですが、笑福亭生寿さんをお招きして、公民館の多目的室と展示フロアの仕切りをとって、広い空間にし、子どもから大人まで、みんなで楽しめる落語会を実施する予定です

参加費は無料。事前申込みも不要です。

落語解説やしぐさ体験もあるので、良かったらお誘い合せ上、午後のひととき、公民館までお越しください

カテゴリー: お知らせ, 講座の予定 | コメントする

8月の展示フロア

×のところと休館日はご利用いただけません。 △のところは1部が使えません。
ご確認をお願いいたします。

1日 × × ×
2日 × × ×
3日 × × ×
4日 × × ×
5日 × × ×
6日 × × ×
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日 × ×
19日
20日
21日 × ×
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日
31日
※万博誘致児童ポスター展示 7月23日~8月6日
※公民館ミニライブ     18日正午~午後1時
※保健センター利用     21日
※寄り道公民館
カテゴリー: お知らせ | コメントする

夏休み学習会2018  プラネタリウムと天文工作

今年も夏休み学習会が始まりました。『プラネタリウムと天文工作』
7月23日。午前は4、5歳児と保護者。午後からは小学1年から3年生までの子どもたち対象です。

宇宙がどれくらい遠い所にあるか。そこにはロケットで行くこと。ロケット発射場が日本ではどこにあるか。日本のはやぶさ2が小惑星りゅうぐうの軌道に無事到着した話や去年、宇宙へ行った宇宙飛行士の話をクイズを交えて説明しました。

いくつかのクイズで、ロケットってどんなものかを知ってもらったところで、天文工作です。
作るものは、紙コップと輪ゴムを使った飛び出すロケット。そして発射台です。
まずは、紙コップが飛び出すところをみてもらいました。
そして皆、見よう見まねで試行錯誤しながら作り進みます。
作ったものが飛ぶことがわかると、装飾です。たくさんある材料の中から、自分が
イメージするロケットになるような材料を探します。


ある程度の形ができたのでプラネタリウム室へ移動しました。
今日みえる星空紹介とギリシャ神話のおはなしです。
それからまたロケット工作のつづきです。

保護者の方も子どもがはさみの扱いなど危ない所は気を配ってくれながらも自分のロケットを作ってくれました。そして完成です。

『小さい子でもちゃんと飛ばせることができ、達成感を得ることができたようでよかった。』
『自分で考えてする工作で手取り足取りじゃなくてよかった』
『めちゃくちゃたのしかった。またきたいです』
という、一緒に来てくれた保護者や子どもからの感想をいただきました。

午後は同じ内容で小学1年から3年生です。
クイズではたくさん答えてくれました。色々な乗り物の名前もでましたが、いちばん遠い宇宙にいくにはロケットでいくことがわかりました。
『飛行機に乗るのにお金かかるからロケットも1万円位かかると思う。』と素直に思ったことも教えてくれました。1万円で行けたらいいなあ…



工作では何回も飛ばしてみたり、自分の気に入るロケットを形作ったり。あと10分…あと5分…自分なりの完成を目指して時間を惜しむように、手を動かしたり作業をつづけていました。
ゴムの不思議に気づき、こうしたらよく飛ぶよと教えてくれたり、横に飛ばすロケットをつくったり、
はやぶさ2にそっくりなロケットをつくったりと、やればやるほどいろいろ作りたいものがでてくるようでした。時間になって
5,4,3,2,1発射!!みんなで一斉に飛ばしてみました。とっても楽しい瞬間です。

『かっこいいロケットができてよかった』
『ロケット くふうしてできた』
『ロケット とばしてたのしかった』
『いろいろな材料があったのでいろいろかんがえることができてたのしかった』
『はじめはむずかしかったけどどんどんやっていったらたのしかった』
『いろんなことをまなんでたのしかった』
自分で考えて工夫してできた完成品は特別ですね。
『とても楽しくてもう一回行きたい』
『プラネタリウムをみさせてくれてありがとう』
『ギリシャ神話が面白くなったからもっとしりたいです』などなど。
嬉しいアンケートをもらいました。

アンケート用紙の裏をみると地球から宇宙へ飛び立つロケットの絵を書いてあるものもありました。
宇宙やロケットに関心を持ってくれるお手伝いができたのだなとこれも嬉しくなりました。
子ども達からたくさんの元気をもらった1日でした。

 

 

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

簿記講座

二月に渡り、毎週金曜日全8回と、少し長丁場の講座です。講座の内容から、昼間はお仕事をされている方も多かったと思います。中々時間が取れない中、出席率も高く皆さん熱心に受講されていました。本当は、もう少し長くても良いのかも知れませんが、お仕事をされている方も対象となるので、余り長期に渡る講座は受講し難いだろうと、ギリギリの回数で開いています。

この講座は日商簿記3級の参考書で進めていますので、この講座を終われば、初心者の域に達した所でしょうか。下の写真はある日の講座風景です。

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

夏休学習会2018『サバイバルアートTシャツを作ろう』実施しました

7月26日(木)13:00~15:00

小学1年生~6年生を対象にした夏休み学習会2018『サバイバルアートTシャツを作ろう』を実施しました。

定員を上回る応募があり、残念ながら、参加してもらえない子どもたちもいましたが、当日欠席する人はなく、30人勢揃いでの時間となりました

この講座は、水鉄砲を使ってTシャツを染めるということが、楽しそうだなぁと思って参加してくれた人も多かったかもしれませんが、
学びのポイントは、私たちが住んでいるさやまの土を使って染めるという体験でした。

教えてくださったのは、建築士でもあるミドリス花園園枝さんと松村愛子さん。

『土を絵で描く時、何色で描きますか?』と質問に、『風景にあわせる』と答えた子がいましたが、多くの場合、茶色にしてしまうのではないかと思います。
今回、講座の最初に、旅行した先で集めてこられた土と大阪狭山市の土を比べて見せてもらいました。

さて、大阪狭山市の土はどれでしょう?

土のお話を聴いた後は、大阪狭山市の土を使って、染料づくりを教えてもらいながらみんなで体験しました。

土をふるいにかけ、乳鉢でさらに細かくし、水で練り込んだ後、さらしで濾しました。

染め付けるために、タンパク質を加えます。今回は、大豆を少しの水と一緒にミキサーにかけ、さらしで濾して、土で作った液体に加えました。

これで、大阪狭山市の土を使った染料のできあがりです

みんな、染まりやすい加工を済ませてもらった白いTシャツに着替えて、公民館前の広場へ。

水鉄砲に染料を入れて、お互いにかけ合いっこして、アートTシャツへと変身させました。

Tシャツにかけてもらって、染めることができるのに、水鉄砲を持つと、ついつい逃げまわってしまったり、相手にかけることに一生懸命になってしまったり… 

何だか、ヘンな感じでしたが、みんな楽しそうでした 

この機会をきっかけに、いろんな材料を使って染めること、土のこと、自然をいかすことなどに興味を持ってくれるとうれしく思います

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

くらまな大学4回目『「暮らし×人」を楽しむ~自分の関わり方のクセを知ろう~』実施しました

7月24日(火)10:00~12:00

くらまな大学の4回目を実施しました。

テーマは、『「暮らし×人」を楽しむ~自分の関わり方のクセを知ろう~』です。

講師としてお迎えしたのは、NPO法人えんぱわめんと堺/ES北野真由美さん。

私自身、いつも、北野さんの色々なワークを通して、はっとした気づきと、もやっとした気持ちと、人を大切にしたいなぁという気持ちを頂きます

今回、くらまな大学の受講生の皆さんにも、北野真由美さんのワークを通して、はっとした気づきを持って帰って頂きたく、講師をお願いしました。

普段、何気なく暮らしていると気に留めることのない、日々の習慣からできてしまっている自分の”当たり前”や”ふつう”に気づいたり、メディアの影響を受けていること、うわさができていく過程を感じたり、色々な情報が入ってくる中、どう受け取り、ヒトとのコミュニケーションを行なうかなどを考える機会になりました。

今回のようなワークを通して、より一層、自分も相手も大切にしながら、ヒトとの関わりができるようになると良いなぁと思いますし、自分とは異なる”ふつう”や”あたり前”もあることを知り、そこから、視野を広げていくきっかけになればうれしいです

カテゴリー: 講座の記録 | コメントする

ふれあいライブVol.20~あの夏に向かって・・・

7月22日(日) お昼12時より「ふれあいライヴVol.20~あの夏に向かって・・・」を2階の展示フロアにて開催いたしました。
前回に引き続き1グループ20分程度で3組、1時間のミニライブの2回目です。

1組目は「ベルフルール」さん。ミュージックベルの涼やかな音色が公民館に響き渡ります。
メンバーさんの衣装もキレイで会場の雰囲気を盛り上げていきます。
2組目はウクレレデュオの「ゴン爺々」さん。スタンダードなPOPSもウクレレのサウンドでまた違った雰囲気を感じさせます。
繊細で美しい弦の響きが聴く者皆に夏を感じさせてくれました。

3組目、トリを務めてくれたのは「スリー・オブ・アス」さん。いつもの編成とは異なりギター・ボーカルX2、ベースx1の3人編成で
登場。「十八番のビートルズ・メロディで会場を盛り上げてくれました。

週末・休日のお昼時 気軽に音楽を楽しめる1時間としてリスタートしたミニライブ。今回もたくさんの方に来館いただきました。
また、当日はライブの運営チームとして参加メンバー以外にも多くの方が会場の準備から片づけ、演奏時の音響や喫茶コーナーの運営まで多岐に渡り活躍されました。有難うございます。
次回は8月18日(土)の予定です。

カテゴリー: トピックス | コメントする