街のすぐれもの講座 外国人に通じる日常英会話 第2回

11月5日(月) 街のすぐれもの講座 外国人に通じる日常英会話2回目(全3回)の講座を行いました。
まずはウオーミングアップ、昨日何をしましたか?と、ひとりひとり、講師がきいていきました。
それぞれ考えて英語で答えていきます。
『食べ物を買いにショッピングに行った』の場合、調理された物はmealで食物はfoodだそうです。
『映画をみにいきました』ではテレビをみるときと映画をみるときは違うワードを使うこと。
またそれがどうしてなのかも教えて頂きました。
“みる”や“きく”は状況によってワードの使い分けが必要です。
それぞれ実際によくあるシチュエーションなので、自分が答えるときだけでなく他の人が答えるのをきくのも今後、生かせそうです。
発音時、Tは発音しないのでコストコはコスコとなります。など、それぞれの返答から色々話が広がり、現地での情報もわかりました。
『色々な(脱線した)話を交えて教えてくださったので楽しかったです』
『こぼれ話がとてもおもしろいかった』とアンケートにもありました。

さて、前回の終了時、ビリージョエルのJUST THE WAY YOU AREの英語歌詞をお渡ししました。今日は意味も英文に沿ってたどっていきます。発音などもわかったところで講師のギターの生伴奏に合わせて歌います。ちょっと贅沢ですね♪♪♪
『歌から覚えるショート会話って使える』という感想も頂きました。そうですよね。
  さあそして、前回のフレーズの復習もしました。道をきかれた時、どう答えるかの練習です。そして「外国人観光客が狭山に来たのを想定して、積極的にこちらから声をかけてみましょう」『何かいいところを探しているのですか?』(in English)
 
アンケートより
『英語の勉強はどこにいてもできますが、住んでおられた方の話などは意味があります』
『一つの単語から広がった話題はとても面白い』
『たのしい雰囲気で久しぶりにアメリカの感じが伝わってきました』
『道の尋ね方、基本的な日常会話ですごく役に立つ。楽しかった』
『ストリート英語がよかった』などいただきました。
ボディラングウェッジも日本とは違うことなども知りました。
『おいでおいで』と手招きをしてはだめです。go awayのことになります。
合衆国でのマナーの違い。バスに乗っていて降りたいときのフレーズも知りました。
これでギューギュー詰めのバスでも皆が出口まで道をあけてもらえますよ。

次回は最終回、2週間後です。 さらに自信を持って受け答えできるように。話しかけられるように。対応の仕方も考えて来てくださいね。とhome workもでましたよ。 See you around !!

 

 

カテゴリー: 講座の記録 パーマリンク